FC2ブログ
英会話スキルを上げたいなら話すしかない、すなわち特訓あるべし!!! Podcastや英会話喫茶を使いながら特訓をしています。
Profile


Welcome to my blog! Please make yourself comfortable.

To improve English conversation skill, repeated speaking is needed!

I usually practice doing with podcast programs and English cafe.

By the way, I love Kobe!!! I recommend you should visit there once at least.

I'm always looking forward to hearing from you!

Author: MASA

Recent articles
Recent comments

Recent trackbacks
Search in my blog
Categories
Monthly archives
Friends
RSS feed
Links
Others

My logo
My QR code

ブロとも申請フォーム
確か5年ほど前に英会話スクールのNovaに通っていました。その時を思い返してEnglishtownとの比較をしてみたいと思います。

先に結論を書くと、個人的には当時Englishtownがあって2つを先に比べていれば、Englishtownを選んだでしょう。

また、この比較はあくまで主観的なものであり、またNovaの制度も今とは異なる可能性があるので、ご了承下さい。


Novaで悪いと感じたところ

金銭面: 入学金で数万円、また受講チケットを先払いで何十万円とかかり、経済的に負担が大きすぎると感じました。

生徒の質: これは運もあるかもしれませんが、『生徒は日本人だし日本語混ぜても良いだろう』という感じの生徒が居る場合、かなり場が乱れてしまいます。

先生の質: 先生は日本で暮らしているので、なんだかんだで日本語が分かっちゃいます。また、最終的に日本語で補足してくれたりもするのですが、それに頼っちゃう生徒も居てよろしくないと感じました。

通学制: この際、お茶の間留学は置いておきます。Novaは基本的に通学制なので、家から遠いと結構面倒になります。あまり行きたくない日があっても、行かなければキャンセル料が実質かかるので強制力が働きます。強制力が良いか悪いかは人それぞれですが、結構苦痛でした。

退屈: 英会話スクールなので当然なのですが、英会話をしなきゃいけないんです。毎回話す内容を考えなければいけない。英会話以外の気分の時でも、TOEICコースなどを選ぶと別料金が発生するので、結局英会話しかできず少々退屈でした。


Novaで良いと感じたところ

少人数制: 多くても4人(だったかな?)くらいで特に田舎の学校を選ぶと、生徒が少なくて先生を独り占めできる場合もあります。

安心感: 目の前に居る安心感はやはりあります。ジェスチャーが使えるのも大きな利点のひとつでしょう。

親近感: 先生と何度も顔を会わせることで、友達感覚になれたりもします。ただし、先生は生徒と友達関係を持ってはいけないという束縛があるらしいです。また、生徒同士で友達になったりももちろんできます。


Novaの総評
かかった費用の割には…、といった感じです。もちろん、費用以上に成果が出た生徒もいるでしょうけど、私としてはそう感じました。


Englishtownで悪いと感じたところ

人数: Novaと比べるとライブレッスンの人数は多いです。人数が大きい時は積極的に発言していかないと、時間を無駄に過ごすことになるので注意が必要です。

トラブル: ライブレッスンで音声が途切れることもしばしばあります。まだ、大きなトラブルにはなっていないですが、授業に参加できない自体がある可能性もやはりありますよね。ただ、他の人のブログを読んでいた感じでは、カスタマーサポートに言えば無効にしてくれるそうです。ま、ここは強気で文句を言うしかないですよね(笑)

環境: 先生の声は聞き取りやすいです。おそらくマニュアル通りに設定してあるのでしょう。ただ、生徒の音声は大きすぎたり、小さすぎたり、ノイズがあったりして、音量を調整しながらでないと授業を受けるのが難しいです。ただ、同時に話す場面というのはないので、問題になるほどではないです。

疎外感: 個人的には疎外感は感じていないですが(笑)、一応挙げておきます。先生や生徒の顔は見えないので、一人部屋で寂しく授業を受けることになります(笑)


Englishtownで良いと感じたところ

金銭面: 安い!契約するところにもよりますが、ライブレッスンだけで考えても1回あたり数百円です。もちろんライブレッスン以外もあるので、実際はもっと安くなります。ちなみにNovaでは、私のプランですと1回の授業あたり2000円以上していたのを記憶しています。

生徒の質: 生徒が優秀という意味ではありません。生徒は日本人だけでなく全世界から参加しています。ですから、全員英語で話さなければいけないので、みな真剣にコミュニケーションを取ろうと必死です。

インターネット: 家でいつでも受けられるというのはかなり便利です。ライブレッスンは毎時0分から始まります。先生も全世界にいるのでしょう。24時間いつでも授業を受けることができます。

教材: Englishtownがどのような内容かは、本ブログの別の記事『Englishtown初日を終えて』をご覧下さい。豊富な教材で英会話だけでなく、総合力が身に付くだろうと感じました。また、TOEICやTOEFL対策もあるのでかなり美味しいと思います。

Englishtownの総評
費用の割には美味しい!と感じました。



スポンサーサイト



<< 勉強方法 // HOME // Displeasure with my diary >>
hi
KONNNICHIWA.
イングリッシュタウンに興味があって検索したら、ヒットしました。初日を終えてはどこにありますかね??読んでみたいです。
【2006/11/27 Mon 01:02】 URL // 森蔵 #- [ Edit ]

To administrator only
After you press a submit button, you'll see a confirmatory page in Japanese.
Trackback URL of this artcile
=> http://pondesky.blog49.fc2.com/tb.php/103-3aa7d50d

(For FC2 User) Trackback to this article

Note: Your trackbacks will be displayed after they will be approved. They might be rejected if they are NOT associate with my articles.
// HOME //